×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HIDヘッドライト 本文へジャンプ
もちろん一般整備も
ジュリアクラブにお任せください。
ホーム
車検 定期点検
オイル交換
ボーレンフィルター
タイミングベルト交換
キーレス取り付け
Used Car
コーティング
UV熱線カットフィルム
ハイパーウインド
ガラスコート
HIDヘッドライト
ジュリアクラブ部員
アクセスマップ
会社概要
お問い合わせ
メールフォーム
リンク
”闇を切り裂く純白の光”を放つ明るいHIDヘッドライトに交換しませんか?

省電力 35Wでハロゲンライトの約3倍の明るさ
 






色温度とは
キセノンHIDではケルビン(色温度)が一般的に表記されています。
この色温度ですが、数値が大きいほど明るいというものではありません。
つまりこの数値は明るさを表すものではないのです。
また、色温度は「色」の単位であり、熱さや冷たさを意味しているのではなく、
「赤」は低い色温度、「青」は高い色温度となります。
炎で見ると温度が高くなるにつれて「赤→黄→白→青」と色が変わりますが、
この色をケルビンという単位で表したものです。

太陽の明るさをケルビン(色温度)で表すと?
ろうそくの光は1900〜2000ケルビンくらいで、朝日や夕日の太陽の光は、
2000〜3500ケルビン。
正午の明るい太陽の光は、6000〜7000ケルビン。
さらに晴天の空の強い日差しは12000ケルビンと言われています。
ところがこれ以上、色温度が高くなると、光に青味が増し、逆に少しずつ暗い光になっていきます。

色温度ごとの特性とは
ケルビン数値が高く「青い」光は水をよく通り、ケルビン数値の低い赤い光は
水に吸収され拡散してしまいます。
海が青く見えるのは水が青い光を吸収できずに透過しているからです。
逆に空気中ではケルビン数値の低い赤の波長の光の方が遠くまで届き、
ケルビン数値の高い「青い」光は拡散してしまいます。
ジュリアクラブのお勧めは8000ケルビン以下です。(8000でも少し青すぎるかも)あまり青が多いと
雨天時に暗く感じてしまいます


HIDキット¥12,600

交換取り付け工賃¥8,925 (147 156 166など)

その他車種はお問い合わせください 03-5966-0727

Autofficina guiliaclub ジュリア クラブ